HOME>記事一覧>いざという時には貸主にも安心な保証会社。

住宅の賃貸時に便利な保証

模型

家賃債務保証とは、どのような仕組みを言うのでしょうか。一般的には人がアパートやマンションなどの賃貸物件を借りる際には、いざ家賃が払えなくなった時のための「連帯保証人」をたてることになります。しかし、そのような人が周りに見当たらない場合などは、このような家賃債務保証会社が、その代わりを担当してくれるという、便利なシステムなのです。保証人がいない人でもこれなら安心です。

サービスの仕組み

オフィス

まずは借主が家賃債務保証会社に、保証料金を支払い債務を委託します。続いて保証会社が貸主との債務保証も締結します。そして万が一にも家賃の滞納が発生した場合、保証会社が貸主に対して家賃を立て替え払いをするという仕組みです。そして後に保証会社が借主に建て替えた分を請求するのです。

身寄りのない人にはありがたいシステム

親族や友人などがいない人が、家を借りる際には連帯保証人を見つけるのは困難なことがあります。そのような場合には、家賃債務保証はありがたい仕組みといえるでしょう。これにより住宅の確保の促進につながるからです。

デメリットも

一方でデメリットもあります。それは入居者に対して、保証料が負担になってしまうということがあるからです。賃貸物件を借りた時点で家賃債務保証会社に、保証料を支払うことになるので、金銭的に余裕のない場合には、つらい出費になるかもしれません。