経営者の仕事負担が減る

男女

不動産投資をする際に、入居者が決められた家賃を払ってくれるかが気になる人もいるでしょう。マンションやアパートなどの経営をするには、入居者から家賃を支払ってもらう必要があります。払ってもらえない場合には催促も必要です。また、部屋を明け渡すときには原状回復費用の請求も管理者の仕事の一つです。ただ、金銭がらみでは、トラブルに発展することもあり、管理者には厄介な仕事と考える人もいます。このトラブル対策となるのが家賃債務保証会社の利用です。家賃債務保証会社では、家賃や原状回復費用の滞納が発生すれば保証会社が家賃を立て替えてくれて、入居者への催促も保証会社がしてくれます。そのため、管理者が入居者に直接家賃を催促する必要がなく、あなたが入居者とトラブルになることも減らせるでしょう。また、この保証会社の利用は入居者を増やすことにもつながります。近年では、高齢化や核家族化によって、連帯保証人を頼めない人も多いです。しかし、入居者に保証会社の利用を勧めることで、連帯保証人を頼めない人も部屋を借りやすくできます。マンションやアパート経営では、入居者とのトラブルの回避、入居者を増やすことは重要な仕事です。これらの仕事も、保証会社を利用することで手軽に対策ができます。

保証会社を事前に調べる

家賃債務保証会社を大家が利用する場合には、特に準備をする必要はありません。この保証会社と契約するのは入居者です。入居者が保証会社に申し込みをして審査を受けます。審査通過をすれば、保証会社が家賃の支払いができる人と判断したということもなるので、安心して部屋を貸すことができるでしょう。マンションやアパート経営をする側には、何のリスクもないように感じますが、デメリットもあります。その一つが入居者の支払い負担が増すことです。保証会社と契約をすると保証料を支払う必要があるので、入居者の負担が増してしまいます。そのため、一般的な連帯保証人を用意してもらうタイプと保証会社に申し込みをするタイプの2種類を用意して、入居者にどちらにするか事前に確認するのも良いでしょう。また、審査が不十分な保証会社では倒産のリスクもあります。審査が不十分な会社では滞納者が増える傾向にあり、回収が上手くいかずに倒産をする可能性が高いです。当然ですが、入居者が家賃を滞納しているのに保証会社が倒産してしまえば、入居者への催促は自分ですることになります。このような状態にならないためにも、入居者に加入してもらう保証会社を事前に調べておく必要はあるでしょう。良い家賃債務保証会社を選ぶことは、家賃収入を安定させる効果も期待できます。

長方形バナー2

正方形バナー1

長方形バナー1

長方形バナー3